返回列表 回復 發帖

tiffany.fashionstargirl.com-ティファニーネックレス18455423

「なにこれ?」 道路の両脇の壁が延々と続いていた。樹木が茂っていて、その道の先はなかなか見えない。間違いない。ここには何かがある、私は確信して、とにかく先を目指して歩いていった。とにかく進んでいく私。やがて、樹木の先が見え始めた。tiffany 指輪
 ふと、脳裏に過ぎった思いがあった。それは、ここで誰かが寝泊りしている、という事実だ。現状、私の知る限り、この世界に存在する意思は三つしかない。希、私、そしてあのジュンという男子の意思だ。私はこの世界には長時間居れない。活動限界がある。希はここのマスターだからずっと居続けることは可能だ。すると取捨選択で、あのジュンという男子になることは明白だ。ヴィヴィアン財布
「貴様には、見せないぞ」 背後から声が響いた。希の教室で会った男子の声、ジュンの声だ。銃口だろう、私の頭の後ろに硬いものが当たる。ネックレスティファニー
http://www.tiffany.fashionstargirl.com「にしても、生活観が何故か感じ取れない」 二階へと向かい階段を上りだす。二階は二部屋あった。一方はガランとしていた。もう一方の部屋に入った。ここは机と椅子、ベッドがあるだけの部屋だ。あたりを見渡してみる。すると机の上に一冊の鍵のかかった日記帳を見つけた。ティファニーネックレス「……さあどうする、私」 私は自身に問いかける。 あまりいい趣味だとは言えないな。他人の日記を見ようとするなんて。たとえ、ここは深層世界であっても、やはりプライバシーはあって当然だと思う。ティファニー結婚指輪
 私はとにかく、先を進んだ。そして、進んだ先には、何の変哲もない二階建ての一軒家がポツンとあった。ヴィヴィアンウエスト
「なんなの、一体……」 私は道の先にある風景を目の前にして愕然とした。 スラム街がそこにはあった。バラック小屋が立ち並んでいる。無論、人の気配はない。悪臭が当たり一面に立ち込める。絶対に希が作ったものではないことぐらい分かる。こんな世界を作り上げながら、平穏に高校生活の真似事をできるわけがないから。だとしたら、これは第三者が作ったものだということは私にだって理解できる。あのジュンという男子の仕業か。いや。むしろ、ここはあのジュンという男子の心象風景ではないのかと思う。ヴィヴィアンネックレス
「どういうことかしら?」 疑問が口からでる。 なにかヒントが欲しい。いいじゃないか、アイツの日記だし、何より私は希の深層世界の予定調和を守らなくてはいけない。私はソーっと日記帳に手を伸ばした。ヴィヴィアン財布
 私はその家の中に進入することにした。ドアノブに手をかけて回す。普通に開いた。一階はキッチンとリビング、寝室があった。tiffany 指輪
関連している文章:
Related articles:

  
   http://www.forte.wnlog.com/viewthread.php?tid=93458&extra=
  
   http://www.wzyisheng.com/forum.php?mod=viewthread&tid=184998
  
   http://www.qqpp.tv/forum.php?mod=viewthread&tid=227869&extra=
返回列表
花蓮民宿