返回列表 回復 發帖

それで切りつける

 しかしであった。その裏にあったものはそうはいかなかった。それが何かというと。「むっ!?」「一つ言っておく」PARKER 万年筆
 ここで髑髏天使はまた言ってきた。「刃は一つとは限らない」「どうやらその様だな」「二つの場合もある」
「くっ」 槍がへし折られてしまった。弾こうとしたがそれを折ったのである。そして魔物が新たな槍を出そうとしたその瞬間だった。髑髏天使は一気に間合いを詰めたのであった。腕時計 レディース
 こう言うのであった。「こうして。影として含ませておくこともできる」 それはダイアの刃であった。それを木の葉の刃の裏に潜ませていたのである。ダイアは鋼よりも強い。それが今ここで出たのであった。パーカー  IM
第二十二話 主天その二十四
「それの威力。見させてもらうぞ」 言いながらその左手に持つ槍を繰り出す。木の葉自体はあっさりと破壊できた。パーカー  5thペン
 既に両手の剣はダイアにしている。それで切りつける。何とか槍を出した魔物はそれで防ごうとする。しかしそれは適わなかった。パーカー  万年筆
 槍を繰り出すが今度は弾かれてしまったのだ。やはりダイアの方が強かった。 そして左手のサーベルを左から右にと一閃させる。それで勝負は決まった。
「ぐっ・・・・・・」「決まったな」 サーベルを一閃させたうえでの言葉であった。刃がダイアとなったサーベルは魔物の右脇にあるその首を深くまで切っていた。それは胸までも切ってしまっていた。「貴様の首は弱点に他ならない」「それを見抜いていたというのか」「どの様な者でも首は弱点だ」 だからだというのである。「それを狙っただけだ」「そういうことか。私の弱点もまた首だとわかったか」「離れていようと弱点は弱点だ」 また言う髑髏天使だった。「そこを衝く。そのことにも気付いた」「では主天使にならずとも貴殿は私に勝つことができたか。いや」 自分の言葉をここで訂正した魔物だった。その身体から青白い炎が出て来ている。今まさに倒れようとしていることがはっきりと出ていた。「それに気付いたからこそ主天使になれたのかもな」「そうかも知れない。どちらにしろ俺は勝利を収めた」 そのことだけがはっきりと言えることであった。http://www.parkerpenonline.asia「くっ、槍が」「言った筈だ」 また言う髑髏天使であった。「この刃はだ」「この世で最も硬いのだったな」パーカー  万年筆「今の貴様の言葉だ」 それをそのまま返す形となっているのであった。「さて。その槍で防げるか?」
関連記事:

  
   http://www.nc.jxcyzx.cn/forum.php?mod=viewthread&tid=245746
  
   http://lbd.yzuo.cn/forum.php?mod=viewthread&tid=728980
  
   http://cobrariderca.com/forum.php?mod=viewthread&tid=409792
返回列表
花蓮民宿