返回列表 回復 發帖

gshock.wathchfashionbus.biz-G-SHOCK 腕時計21133366

第1章 23話『始業式で・・・』
俺達は始業式があると言う大講堂に来ていた。そこには在校生やら、新入生やら、職員やらでひしめきあい凄まじい喧騒であった。腕時計 通販
「さて諸君には今年度の入学を祝い今から式をしようと思うのだが、まずはこの学園の約束を伝えよう。それは、人を思いやる気持ちを忘れるな、である。これは近年魔物の凶暴化につれて、人間同士の喧嘩で死ぬ人が増えたからじゃ。それから、最近は魔王と手を組む様な人なども、現れおった。それにより我々人類は滅亡してしまうかもしれんと言われておる。なのでそう言う輩に対抗するために創られたのがこの学園じゃ。我々はこのプレジデント大陸の平和の為に在るべき存在なのじゃ。それを先ずは肝に据えてほしい。ワシからは以上じゃ。では入学式を始めるかのう。」
回りを見ていると、突然後ろから声をかけられた。「あら、ツカサ君にシイナちゃんじゃない。」「あっ、シンディー先輩丁度よかった。」ディーゼル 腕時計
「どうかしたの??」「実はこの場所に来たのはいいんですが今からどうしたらいいのかサッパリ分らないので困ってたのですょ。」腕時計 通販
そう言うといきなり、目の前が明るくなった。壇上には、一人の老人が立っていた。「ではこれより入学式を行う。今年の入学生は501人だ。本来は500人だったのだが一人特例で入学生が現れたので1だけ増やしたためだ。では入学生を代表してマリー・J・シイナさんに、挨拶をしていただきます。では、シイナさんお願いします。」「えっ、聞いてないょ…。」「うわぁ~、シイナ頑張れよ。」「うぅ、行って来る。」そう言ってシイナはトボトボと歩いて行った。壇上に立つとシイナは一生懸命、しかしどこか不安を交ぜ合せながらキチンとたどたどしく、入学生代表としての決意と入学に対しての感謝の気持ちを総代とそして成し遂げた。http://www.gshock.wathchfashionbus.biz「ありがとうございます、先輩。」こうして俺達がシンディー先輩に連れられて、講堂の一番前の席まで連れてこられた。G-SHOCK  腕時計「じゃあこの席に座ってて、もうすぐ始まると思うから。」「分りました。」「先輩、サンキュ。」「じゃあ頑張ってね…。」カシオ 時計
「あらあら、それじゃあ一緒について来て、新入生はこっちのハズだから…。」「分りました、助かります。」時計 人気
『新入生の諸君、ここ、プレジデント学園に入学おめでとう。』と言う声が頭に響いてきた。多分初期魔法念話であろうと思う。
そう言って先輩は去って行った。俺とシイナは黙ってただ式が始まるのを待っていた。すると突然回りが暗くなった。D&G 腕時計
関連記事:

  
    お前も来い、これビッ○ルあげるから
  
   私はこういうものです
  
   [url=http://bbs.shsj-auto.com/home.php?mod=space&uid=14778][/url]
返回列表
花蓮民宿