返回列表 回復 發帖

もう能力は使えないんだろ」http

 背中を反らして槍を引く。後ろの足に体重をかけ、地面を踏み込む。「こんな風に――、ブリューナク!!」
「終いだ、てめぇに大切なものは護れねぇ」 肩に爪が食い込む。プチプチ筋の繊維が切れていく感触。直接鎖骨から響く重い衝撃。尋常でない苦痛に、歯を食いしばり両目を閉じる。
「説明は嫌いなんだがな。鉄の結晶格子を転移させて自在に形を変えることができる」 だからといって手加減できる相手でもない。機を逃さずに、最大の威力をもつ攻撃で片をつける。parker ボールペン
 勢いよく腕を振り、ランスを突き出す。伸びた槍頭が、真っ直ぐグリフォンに迫っていく。「……先程は隙をつかれて後れをとったが、所詮手品の類だろ」パーカー ブランド
 隼人とは中学時代によく喧嘩した。力もスピードもテクニックも備えた、自分の知る限り最強の男だった。 そんな彼に喧嘩で勝っていたものといえば、このタフさのみ。最後の力を振り絞り、目を見開いた。「終いなのはお前だ、隼人!」 自分の胸部に乗ったグリフォンの腕の下に、砕けた鎧と戻ってきた槍頭を転移させてありったけ集める。「フラガラッハァ!!!」 趾を貫く光の尖塔。巨大な両刃の剣が切先から構成され、化け物の頭と胴体を刺し貫いた。 白銀色の刀身に、突き上げられたグリフォンの鮮血が流れる。「てめぇ……」 二つに分かれてしまいそうな体になりながらも、剣に鉤爪を立てる。しかし力を込めることができずに腕を垂れた。鋭かった金色の目が閉じられる。 両刃の剣の脇に、人間の姿になった隼人が現れた。「まさか、これで終わりだと思っていないだろうな?」「終わりだ。もう能力は使えないんだろ」http://www.parkerpenonline.asia 槍が眉間に突き刺さるかという紙一重の瞬間に、グリフォンは体を落とした。頭上を槍先がかする。行き違いに、ランスの下を四本足の獣が疾走してくる。PARKER 万年筆 急いで槍頭を戻すが、間に合わない。既に眼前には黒い鷲の頭。 開いた鉤爪に、両肩と股下を完全に捉えられた。体が浮かされ、地面に叩きつけられた。
 ギリギリと軋む音を立てて、趾が締まっていく。強靭な握力に耐え切れずに鎧が砕ける。それでも鉤爪は容赦なく押さえつけてくる。時計 人気
「ぐあっ?!」「桜井!」 どこからか、美月の声が聞こえる。視界には嘴の端を歪めるグリフォンの頭しか映っていない。パーカー  5thペン
「てめぇの能力は金属に関する力か」 グリフォンは追撃せずに、その場で腕を下ろしている。足の調子も悪いのだろうか。パーカー  ボールペン
関連記事:

  
   http://www.wondiy.com/plus/view.php?aid=11943
  
   http://www.ayykwl.com/plus/view.php?aid=342025
  
   http://manyare.net/plus/view.php?aid=82295
返回列表
花蓮民宿